コート・ジャケット

ナイロンジャケットのインナー使い・色をメンズコーデから解説

今回は『ナイロンジャケットのインナー使い・色をメンズコーデから解説』というテーマでお送りしていきたいと思います。

イケオヤ
イケオヤ
ナイロンジャケットは定番のアイテムだが・・・やはりインナー使いに迷っているメンズが未だに存在しているようだ。
ニキータ
ニキータ
そうね。昨日の夜に本社の方から、そのような調査結果が送られてきたわ。

サラッと着用できるアイテムの中でも、特に軽くて保温性の高いナイロンジャケット。

ストリートな雰囲気を醸し出しながら、どこかクラシカルな顔立ちがオシャレなジャケットとなっています。

もちろん、30代40代の大人の間でもトレンドになっているようです。

そんなナイロンジャケットなのですが、着用した際のインナーに迷っている男性が多いと言う事が最近分かってきました。

という事で今回は、大注目のナイロンジャケットのインナー使いをオシャレなメンズコーデを参考にご紹介していきたいと思います。

ナイロンジャケットに合わせるインナーのポイント

イケオヤ
イケオヤ
さて、ナイロンジャケットのインナーの件なのだが・・・
ニキータ
ニキータ
ええ、分かってるわ。ナイロンジャケットのインナーのポイントを今から説明していくわね。
ナイロンジャケットのインナー選びのポイント
  • インナーの丈は長めでもO.K
  • Tシャツが定番
  • パーカーをインナーにする場合はフードに注意

ナイロンジャケットに合わせるインナーは少しばかり丈は長めでもO.Kです。やっぱりストリート顔なので、セオリー通りに着たいから。

基本的にはTシャツが定番になりますね。インナーに迷ったら、まずはTシャツでコーディネートしていきましょう。

パーカーを着用する際の注意点は『フードの形』です。ライトパーカーのようなフードがクタッとなっているものはオススメしていません。

チャンピオンのようなフードがガチッとしたパーカーを着用するとナイロンジャケットが映えてかっこいいですよ!

Tシャツをインナーにしたコーデ

クラシカルなインナーがオシャレ

引用:WEAR

ナイロンジャケットは、近年流行しているスポーツMIXなどのコーディネートにする為に取り入れやすいアウターとなっています。

こちらの男性のように細身のパンツにゆとりのあるサイズのトレーナーそこにゆとりあるサイズのナイロンジャケットを合わせる事でスポーツスタイルをMIXさせた、ビッグシルエットが完成します。

ナイロンジャケットによるビッグシルエットはキャップなどとも合わせやすいアイテムとなっています。

Tシャツは無地でシンプルにしていく

引用:WEAR

ナイロンジャケットは近年注目されているアウターで、軽やかさと撥水力から雨の日のコーディネートなんかにもよく使われているアイテムです。

こちらの男性のように流行のワイドパンツにも合わせやすく、ゆったりとしたサイズを着用する事で全体の雰囲気をリラックス感のあるシルエットに仕上げています。

ナイロンジャケットは小物達とも相性抜群なので、キャップやアイウェア、リュックなどとも合わせやすいアイテムです。

モノトーンで合わせたシンプルスタイル

引用:WEAR

ナイロンジャケットは春先にも使える薄めアウターで軽やかさと動きやすさから、かなりコーディネートに簡単に取り入れやすいアウターとなっています。

こちらの男性のようにデニムパンツに白シャツというとても軽くて王道のカジュアルスタイルにも合わせやすい。

またサイズにゆとりを持ちながらシャツ出しをする事で上半身と下半身の境い目が曖昧となり縦のレイヤードが完成するのでビッグシルエットがきれいにキマります。

やっぱナイロンジャケットは白Tシャツ

引用:WEAR

ナイロンジャケットは暖かな春先やまだ暑めの秋などでも近年流行していた肩がけスタイルにも使用できます。

こちらの男性のように黒スキニーに白シャツなどの超シンプルなモノトーンコーディネートにも取り入れる事ができます。

ナイロンジャケットを肩がけする事でシンプルなコーディネートがカジュアル感強めなコーディネートに仕上がります。

ただし、デニムジャケットなんかと違ってナイロンジャケットはかなり軽いので、強風の日には飛んでいく可能性があるので注意しましょう。

LEEのTシャツをザクッと着用

引用:WEAR

ナイロンジャケットはシンプルなカラーの物も多いのですが、様々なカラー展開のあるアイテムになります。なので、色使いを上手に使用すれば、近年流行しているスポーツ感を強く出すスポーツMIXにも使用できます。

こちらの男性のように流行のワイドパンツにシンプルなデザインの白Tシャツ、そこにトリコロールカラーのナイロンジャケットを合わせれば、リラックス感強めのスポーツMIXスタイルが完成されます。

ナイロンジャケットのサイズは、やはりゆとりのあるサイズの方が柔らかい雰囲気になる。

ザクッとしたナイロンジャケット

引用:WEAR

ナイロンジャケットはスポーツ感の強いアイテムです。

実際にスポーツ選手もよく着用しているし、ナイロンジャケットを取り扱うブランドにはスポーツ系のブランドも多いです。

こちらの男性のように、ダークトーンのブラウンスラックスに革靴など、一見スポーツをMIXするのが難しそうなコーディネートにも、ゆとりのあるサイズのナイロンジャケットは馴染みます。

また、色使いや胸元のadidasがスポーツ感をより強調してくれています。キャップなどを着用すれば、もっと軽くなるのでおすすめです。

ビックシルエットでシンプルに着こなす

引用:WEAR

ナイロンジャケットはコーディネートをかなり軽くする事ができるアイテムでカジュアル感を強めに出すアイテムです。

こちらの男性のように淡いカラーのデニムパンツに白Tシャツの非常に軽やかなコーディネートにも合わせやすく、スニーカーの雰囲気も合わさって、今にも走り出せそうな軽やかさを持っています。

またTシャツの丈をゆとりあるサイズのナイロンジャケットよりも長くとる事で縦のレイヤードができて、シルエットがスッキリとします。

ストリートライクなコーデ

引用:WEAR

ナイロンジャケットはその見た目や軽やかさからコーディネートに取り入れやすくどんなアイテムにも合わせやすい万能なアイテムとなっています。

こちらの男性のようにダメージの強いデニムのようなハードなアイテムにも合わせる事ができますね。

また、ナイロンジャケットよりも長めにとったインナーの白Tシャツの丈が縦のレイヤードを演出していて、シルエットを安定させています。

ナイロンジャケットのサイズを1ランクあげればビッグシルエットとなるのでオススメ。

ナイロンジャケットをドレスに着こなす

引用:WEAR

ナイロンジャケットはカラー展開しているものが多く、カラー展開しているものは割と派手めなデザインの物が多いアイテムです。

こちらの男性のように、赤×黒×白のカラーデザインのナイロンジャケットはかなり派手なアイテムですが、インナーを無地の白Tシャツ、黒のスラックスとする事でコーディネートが喧嘩せず、見せたいナイロンジャケットをシンプルに強調する事が出来ています。

ナイロンジャケットの特徴を活かしたスタイル

引用:WEAR

ナイロンジャケットはカジュアル感が強い軽めのアイテムなので秋先などの暖かさと寒さの季節の変わり目などにも使用できます。

こちらの男性のように非常にシンプルな色使いのナイロンジャケットにシンプルなデザインのTシャツにゆったり感のあるデニムとなっています。

アクセサリーや帽子などの小物を使用して、コーディネートにアクセントを加えています。

Tシャツをナイロンジャケットよりもだして縦のレイヤードを出せばシルエットもすっきりします。

絶妙なミスマッチ感がオシャレ

引用:WEAR

ナイロンジャケットはカラーリングやデザインからカジュアルなコーディネートに合わせやすいアイテムです。

こちらの男性のように黒スキニーにゆったりサイズのスウェットトレーナーでビッグシルエットが出来上がっています。

そこにスポーツ感の強いカラーリングのナイロンジャケットを合わせてビッグシルエットに一味加えたコーディネートとなります。

ナイロンジャケットよりもトレーナーの丈が長いのでレイヤードがしっかりしてシルエットがスッキリするので子供っぽさもなくなります。

綺麗目×ナイロンジャケットが旬

引用:WEAR

ナイロンジャケットはそのデザインから派手めカラーのものが多く主役になりやすいアウターです。その分インナーはシンプルに抑えた方が主役であるナイロンジャケットが見栄えします。

こちらの男性のように黒スキニーに白のスウェットトレーナーのシンプルなモノトーンコーディネートに合わせればナイロンジャケットを主役としたコーディネートが完成します。

ナイロンジャケットはネックレスやキャップなどと合わせても見栄えするのでおすすめ。

ナイロンTシャツをインナーに使ったコーデ

引用:WEAR

ナイロンジャケットは撥水性がある為雨の日などにも積極的に使えるアイテム。

こちらの男性のようにボトムスをジャージ、インナーをスポーツブランドのFILAロゴのTシャツ、そこにナイロンジャケットを取り入れたゴリゴリのスポーツスタイル。

ですが、インナーやナイロンジャケットにゆとりがある為、スポーツ選手のようにはならず、おしゃれなスポーツスタイルとして完成されています。

ボトムスとナイロンジャケットがシンプルなので、インナーを鮮やかなカラーにしても良いですね。

パーカーをインナーに使った着こなし

サラッと着用したパーカーがかっこいい

引用:WEAR

ナイロンジャケットはカジュアル感の強いアイテムでコーディネートをかなり軽くする事が出来る為、スニーカーやパーカーなどの軽めのアイテムとの相性も抜群です。

こちらの男性のようにベージュよりの白を基調としたパーカーにボトムス、ナイロンジャケット、キャップ、リュックなどのカラーが重めのコーディネートも、ナイロンジャケット特有の軽やかさで本来重くなりすぎなスタイルになります。

ピンクカラーがインパクト大

引用:WEAR

ナイロンジャケットは春先などの季節の変わり目に使いやすいアイテムとなっています。

こちらの男性のように淡いピンクのパーカーにトリコロールカラーのナイロンジャケットを合わせる事で、より軽やかでスポーツ感のあるコーディネートとなっています。

黒スキニーでシルエットを形成しているのでビッグシルエット&スポーツMIXの流行のスタイルを織り交ぜた、おしゃれながらも季節感を取り入れた見やすいコーデ。

オレンジのパーカーがアクセント

引用:WEAR

ナイロンジャケットは近年流行しているスポーツ感を取り入れたコーディネートである、スポーツMIXに取り入れやすいアイテムとなっています。

こちらの男性のように黒スキニーにゆったりサイズのパーカー、ゆったりサイズのナイロンジャケットでスポーツMIXのビッグシルエットが出来上がります。

黒を基調としたコーディネートにナイロンジャケットと相性抜群のオレンジのパーカーが色味にアクセントを与えてコーディネートに華を持たせています。

パープルパーカーが相性抜群

引用:WEAR

ナイロンジャケットはそのデザインや軽さからカジュアルなコーディネートに合わせやすいアイテムとなっています。

こちらの男性はパープルカラーのパーカーにベージュのボトムスというカジュアルなコーディネートにナイロンジャケットを合わせています。

ナイロンジャケットはパーカーなどのアイテムにも合わせやすく、また、ネックレスやストラップなどの小物とも合わせやすくなっています。

黒パーカーでクールに決める

引用:WEAR

ナイロンジャケットは近年流行しているスポーツMIXスタイルのコーディネートに取り入れやすく、扱いやすいアイテムの為人気です。

こちらの男性のようにスウェットパンツにパーカーのような非常に軽やかなスタイルにも合わせやすく、コーディネートをより軽く仕立て上げてくれます。

また、全身をモノトーンなコーディネートに仕上げているので、ナイロンジャケットの青やパープルなどのカラーがコーディネートのさし色となっています。

黒のパーカーでコーデを引き締める

引用:WEAR

ナイロンジャケットは軽やかで使い勝手の良いアウターです。こちらの男性のように黒スキニーに大きめサイズのパーカーのビッグシルエットにもばっちりハマります。

ナイロンジャケットはパーカーなどの首元にボリュームがくるアイテムと非常に相性が良いいんですね。

ビッグシルエットなんかに合わせてもよりシルエットをより強調してくれるので自分のしたいスタイルを邪魔する事なく防寒対策もできる万能なアイテムです。

タートルネックを使ったコーデ

引用:WEAR

ナイロンジャケットは様々なブランドが展開していますが、中でもデザインが多く機能性も充実しているのはスポーツブランドのナイロンジャケットです。

こちらの男性が着用しているのは「NIKE」のナイロンジャケットです。

デニムパンツにハーフジップのゆとりあるサイズのナイロンジャケットでビッグシルエットが完成されています。

首元にボリュームを持ってきてよりビッグシルエットのラインを強調しています。またロゴマークのカラーとリンクさせたベルトもポイントとなっています。

ナイロンジャケットに合わせるインナーランキング

1位 Tシャツ
2位 パーカー
3位 ナイロンTシャツ
3位タイ タートルネック

※データは主観になります。

イケオヤ
イケオヤ
ナイロンジャケットのインナーはTシャツで決まりなようだな。
ニキータ
ニキータ
そうね。ナイロンジャケットはストリート色が強いから、Tシャツと相性が良いのよ。あと、意外かもしれないけど、綺麗目アイテムでもあるタートルネックも合わせやすいわよ。

ナイロンジャケットに合わせる定番のアイテムは間違いなくTシャツです。

特に人気なのが白Tシャツ。

引用:WEAR

丈は少し長めでも問題はありません。カチッと着用するのではなく、クタッと合わせるが旬な着こなしになります。

足元はドレスシューズを合わせて上手く全体のアイテムバランスを調整している所にも好印象が持てますね。

こんなインナーの使い方もあります。

引用:WEAR

上記のコーディネートは非常にセンスがありますね。パンツを黒、ナイロンジャケットも黒、靴も黒、そしてインナーと帽子をパープルで外しています。

こういう着こなしができれば、幅が広がりますし、誰が見てもオシャレと思われます。

Tシャツの次に人気があるのはパーカーです。

引用:WEAR

パーカーとナイロンジャケットが合わないワケがないのですが、1つだけ注意点があります。それはできるだけフードがしっかりしたパーカーを着用して欲しい。

フードを出した時に形が崩れていたら、野暮ったく見える可能性が高い。

できるのであれば、シュプリームのように生地がしっかりとしたフードパーカーを着用したいところです。

引用:WEAR

プルオーバーのナイロンジャケットのインナーはできるだけシンプルで落ち着いた色をセレクトした方が良いでしょう。

メインのナイロンジャケットの印象を壊さないように注意したい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『ナイロンジャケットのインナー使い・色をメンズコーデから解説』というテーマでお送りしていきました。

ナイロンジャケットは昔ずっと定番のアイテムになります。最近ではトレンドになっていますので益々注目したいアイテム。

そんなアイテムだからこそ、インナーにはこだわりたい。是非、今回の記事を参考に大人のナイロンジャケットスタイルを確率させていきましょう。