コート・ジャケット

ライダース ジャケットのインナーをメンズコーデから解説!

今回は『ライダース ジャケットのインナーをメンズコーデから解説!』というテーマでお送りしていきたいと思います。

秋冬の定番アイテムでもある『ライダースジャケット』。カジュアルにもキレイ目コーデにも使う事ができる万能アイテムです。

今回はそんなライダースジャケットのインナー使いを厳選されたコーデをもとにご紹介していきたいと思います。

ライダースジャケットは大きく分けて2タイプ

イケオヤ
イケオヤ
ライダースジャケットは大きく分けて2つのタイプに分ける事ができるんだ。
ニキータ
ニキータ
そうね。ライダースと言えばこの2つよね。イケオヤ。

ライダースジャケットは大きく分けて2タイプに分ける事ができます。

ライダースの種類
  • シングルライダース
  • ダブルライダース

ダブルライダースジャケット、シングルライダースジャケットはそれぞれ印象が違いますので、合わせるインナーも異なるアイテムをセレクトする必要があります。

まずは厳選された2つのライダースジャケットを使ったコーデをご紹介していきます。

ダブルライダースを使ったコーデ

ライダースジャケット×シャツ

ライダース,ジャケット,インナー,メンズ,コーデ
引用:WEAR

ライダース ブラック
インナー 白花柄シャツ

ライダースジャケットは、ゴツゴツした男らしさを引き出すアイテムですがその分スッキリとまとめたコーディネートとも相性は抜群です。

こちらの男性のようにブラックのパンツにシャツのシンプルにスッキリまとまったコーディネートにもしっくりとハマってカジュアル感の中にもしっかりとした男らしさを演出。

また、シャツも無地のシンプルな物も良いですが、彼のように模様のあるものをチョイスすれば良いアクセントにもなります。

 

ライダース,ジャケット,インナー,メンズ,コーデ
引用:WEAR

ライダース ブラック
インナー ブラウンジレ×ブラウンシャツ

ライダースジャケットにはシングルタックとダブルタックがありますがキレイ目なコーディネートにはダブルタックの方がマッチします。

こちらの男性のようにキレイ目のコーディネートにはかかせないシャツとベストをインナーにする事でライダースジャケットのゴツゴツ感が際立ち、パンツやブーツの重厚感をリンクさせる事でとても男らしい。

ハズしすぎていない大人のコーディネートに仕上がっています。

 

ライダース,ジャケット,インナー,メンズ,コーデ
引用:WEAR

ライダース ブラック
インナー オレンジシャツ×黒タートルネック

ライダースジャケットには首元に厚みを持ってくるとシルエットがハッキリとして男らしさと共にスッキリとした見やすいコーディネートとなります。

こちらの男性のようにシャツのインナーにタートルネックを着用する事で首元にボリュームが出てスッキリとしたシルエットとなりボトムスをワイドパンツにする事でリラックス感を出し上下でバランスのとれたコーディネートとなっています。

ライダースジャケット×Tシャツ

ライダース,ジャケット,インナー,メンズ,コーデ
引用:WEAR

ライダース ブラック
インナー 白Tシャツ

ブラックのライダースにしっくりくるインナーの1つにホワイトTが挙げられます。

こちらの男性はライダースジャケットよりも丈の長いホワイトのTシャツをチョイスする事で程よいリラックス感と男らしさの両立に成功しています。

首元のスヌードと、シャツ出しによる縦のレイヤードでシルエットもしっかりと構築されていて細身のライダースコーディネートが完成されています。

ライダースジャケット×トレーナー

ライダース,ジャケット,インナー,メンズ,コーデ
引用:WEAR

ライダース ブラック
インナー 青トレーナー

ライダースジャケットにはカッチリとしたシャツも相性が良いですがゆったりしたスウェットトレーナーなんかも相性は抜群です。

こちらの男性のようにブラックのパンツやブーツなどで重さはそのままに、ホワイトのシャツ出しでレイヤードを作り上げ、ダークトーンのブルーのスウェットトレーナーで落ち着きのあるコーディネートとなっています。

細身のパンツと相性の良い縦のレイヤード、スヌードを着用してシルエットもYラインとなり見やすいコーディネートとなっています。

 

ライダース,ジャケット,インナー,メンズ,コーデ
引用:WEAR

ライダース ブラック
インナー 白トレーナー

ライダースジャケットはその無骨感や男らしさ、ゴツゴツした見た目なので基本はぴったりかタイト気味のサイズをチョイスする事が多いです。

しかしこちらの男性のようにゆったり感のあるサイズをチョイスして、細身のパンツなどとあわせればビッグシルエットの完成です。

またクルーネックのホワイトのトレーナーと合わせる事で、爽やかさとモノトーンがしっかり構築されていて、コーディネートが完成されています。

 

ライダース,ジャケット,インナー,メンズ,コーデ
引用:WEAR

ライダース ブラック
インナー 黒トレーナー

ライダースジャケットは秋や春などに着用する事が多いアイテムとなっています。

こちらの男性のようにグレーのアンクルパンツ、ブラックのトレーナーのシンプルなスタイルにライダースジャケットを合わせる事でコーディネートがしっかりと格上げされて無骨な男らしさとラフさを演出。

軽さと爽やかさを兼ね備えたコーディネートとなっています。

ライダースジャケット×パーカー

ライダース,ジャケット,インナー,メンズ,コーデ
引用:WEAR

ライダース ブラック
インナー 黒パーカー

ライダースジャケットには首元にボリュームの出るタートルネックやパーカーはシルエットがハッキリするので相性抜群です。

こちらの男性はオーバーサイズのパーカーにシャツ出しでビッグシルエット、なおかつスポーツMIXのコーディネートとなっています。

このストリート感溢れるMIXコーディネートにライダースジャケットを合わせる事でカッチリと男らしさの格上げに成功しています。

 

ライダース,ジャケット,インナー,メンズ,コーデ
引用:WEAR

ライダース ブラック
インナー 青パーカー

無骨で男らしい印象のライダースジャケットはロックなテイストの印象ですがカジュアルなコーディネートにもバッチリはまります。

こちらの男性のようにワイドパンツにパーカーとかなりゆったりとしたリラックス感のあるコーディネートにライダースジャケットを合わせればコーディネートがしっかりと締まり男の格上げコーディネートとして完成されています。

ライダースジャケット×セーター

ライダース,ジャケット,インナー,メンズ,コーデ
引用:WEAR

ライダース ブラック
インナー オレンジケーブルニット

ライダースジャケットはシャツなどのかっちりしたアイテムと合わせる事が多いアイテムですが、ニットなどの柔らかいアイテムにも合わせる事ができます。

こちらの男性のように、クルーネックのセーターを合わせればロックで無骨な男らしい印象な中に暖かみと柔らかい雰囲気を伴うコーディネートとなっています。

パンツから覗くキーリングもライダースジャケットを際立たせるロックなアイテムとなっています。

シングルライダースジャケット

シングルライダースジャケット×オールブラック

ライダース,ジャケット,インナー,メンズ,コーデ
引用:WEAR

ライダース ブラック
インナー 黒シャツ

近年流行しだしたシングルタックのライダースジャケットはダブルタックのライダースジャケット程、装飾品やボタンなどが無く非常にシンプルなジャケットとなっています。

こちらの男性のようにトップス、ボトムスなどを全身ブラックにまとめたハードなコーディネートにもぴったりハマります。

スッキリとシンプルなコーディネートにするにはシングルタックのライダースジャケットがおすすめです。

シングルライダースジャケット×ストリート

ライダース,ジャケット,インナー,メンズ,コーデ
引用:WEAR

ライダース ブラック
インナー キャメルシャツパーカー

シングルタックのライダースジャケットはファスナーのみのシンプルなアイテムで、そのシンプルさゆえに様々なコーディネートに合わせやすいアイテムです。

こちらの男性のようにスキニーパンツにパーカーなどの軽いコーディネートにもハードすぎないシングルタックのライダースジャケットは簡単に合わせる事ができ、カジュアルにロックなテイストを織り交ぜたコーディネートが完成されています。

 

ライダース,ジャケット,インナー,メンズ,コーデ
引用:WEAR

ライダース ブラック
インナー グレーパーカー

シングルライダースジャケットはライダースジャケットのハード感と装飾品の少なさのシンプルさを合わせ持つアイテムです。

ブラックのパンツ、グレーのパーカーにホワイトのシャツ出し、インナーとリンクさせたホワイトのスニーカーの爽やか。

ロックなテイストを織り交ぜたコーディネートとなっています。

シングルライダースジャケット×Tシャツ

ライダース,ジャケット,インナー,メンズ,コーデ
引用:WEAR

ライダース ブラック
インナー 白黒ボーダーTシャツ

ライダースジャケットはその素材感などから与える印象も変える事ができるアイテムです。

ハードなタイプにはカッチリとした印象になりますが、こちらの男性のようにソフトな質感の生地を着用する事でラフさが全面に出ています。

ボーダーTシャツやアンクルパンツなどの軽くて爽やかなコーディネートに合わせる事でカッチリしたコーディネートをラフに着崩しているようなスタイルとして仕上がります。

シングルライダースジャケット×カジュアル

ライダース,ジャケット,インナー,メンズ,コーデ
引用:WEAR

ライダース ブラック
インナー 青トレーナー

シングルライダースジャケットはダブルタックのライダースジャケットよりもハードではなく見た目もシンプルにしあがっているアイテムの為、どんなコーディネートにも合わせやすい万能なアイテムの一つです。

こちらの男性のように全体的にゆるやかなコーディネートをしていてもシンプルなシングルタックのライダースジャケットは合わせる事ができ、なおかつコーディネートを引き締める事ができています。

シングルライダースジャケット×さし色

ライダース,ジャケット,インナー,メンズ,コーデ
引用:WEAR

ライダース ブラック
インナー オレンジパーカー

シングルライダースジャケットを購入する際基本のカラーはブラックを購入される方が多いと思います。

やはりハード感を合わせ持つライダースジャケットにはブラックのボトムスが相性抜群です。ボトムスのブラック、ライダースジャケットのブラック、インナーのホワイトのようなモノトーンコーディネートも定番。

インナーに明るいオレンジなどを合わせてさし色にするのもおしゃれです。

 

ライダース,ジャケット,インナー,メンズ,コーデ
引用:WEAR

ライダース ブラック
インナー 赤トレーナー

シングルライダースジャケットはファスナーのみのシンプルなアイテムなので、主にファスナーを開けてオープンスタイルで合わせる事の多いアイテムです。

こちらの男性のようにボトムスやキャップ、リュックなどの小物に至るまでブラックでリンクさせたコーディネートにインナーのレッドを取り入れてさし色となっています。

ホワイトのシャツ出しによる縦のレイヤード作りもさし色を映えさせるポイントとなっています。

シングルライダースジャケット×シャツ

ライダース,ジャケット,インナー,メンズ,コーデ
引用:WEAR

ライダース ブラック
インナー デニムシャツ

シングルタックのライダースジャケットの特徴としてインナーとして合わせたシャツをボタン開けのオープンスタイルで着用する事ができるという事が挙げられます。

こちらの男性のようにインナーのシャツをボタン開けのオープンスタイルにしていても違和感がまったく無くなおかつシャツのカッチリ感とライダースジャケットのハード感は相性抜群なので、より男らしいコーディネートに仕上がっています。

シングルライダースジャケット×ビッグシルエット

ライダース,ジャケット,インナー,メンズ,コーデ
引用:WEAR

ライダース ブラック
インナー ライトパープルTシャツ

シングルライダースジャケットはシンプルなアイテムですがハード感を兼ね備えたアイテムです。こちらの男性が着用しているスキニーパンツとライダースジャケットのハード感は相性抜群です。

さらにリラックス感のある、ビッグシルエットのトップスも実は相性抜群となっています。この男性のコーディネートを見てもわかる通りライダースジャケットがリラックス感を格上げして、ハード感を合わせ持つコーディネートに仕上がっています。

 

ライダース,ジャケット,インナー,メンズ,コーデ
引用:WEAR

ライダース ブラック
インナー オレンジニット

シングルライダースジャケットはファスナーのみのシンプルなアイテムでファスナー位置も中央な為、肩がけをする際にもバランスよく肩がけコーディネートをする事ができます。

こちらの男性のようにブラックのスキニーにオーバーサイズのセーターのビッグシルエットコーディネートにもすんなり合わせる事ができ、ハード感を出しつつもビッグシルエットのリラックス感もしっかりと残るコーディネートとなっています。

シングルライダースジャケットの人気インナー

イケオヤ
イケオヤ
シングルライダースを着用した際の人気インナーを共有していく。
ニキータ
ニキータ
シングルライダースジャケットには何をインナーに持ってくるが鍵となっている。
1位 シャツ(デニム素材も)
2位 ニット
3位 Tシャツ
4位 タートルネック
5位 パーカー

※ランキングはあくまでも主観です

上記のような順位となっています。シングルライダースはキレイ目な要素を含んでいますので、それに合わせてシャツを着用する事で、より上品で大人っぽい雰囲気を演出できます。

個人的に好きなアイテムはパーカーですね。シングルライダースジャケットとの相性が抜群に良いですし、とにかくかっこいい!

ダブルライダースジャケットの人気インナー

イケオヤ
イケオヤ
次にダブルライダースジャケットのインナーを共有していく。
ニキータ
ニキータ
ダブルライダースはハードなイメージがありますので、インナー使いには注意が必要ね。
1位 シャツ(デニム素材も)
2位 トレーナー
3位 ニット
4位 パーカー
5位 Tシャツ

※ランキングはあくまでも主観です

ダブルライダースジャケットの人気インナーは上記の5つになります。やはりここでもシャツは1位となっています。

ダブルライダースジャケットはハードな雰囲気なので、そこにドレスアイテムでもあるシャツで中和を行う事ができるのが人気の秘密。

ぜひ、参考にしてみて欲しい!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『ライダース ジャケットのインナーをメンズコーデから解説!』というテーマでお送りしていきました。

ライダースジャケットは定番アイテムになりますので、他と差別化したいのであれば、インナーを工夫する必要があります。

是非、ライダースジャケットのマンネリ化を防ぎ、おしゃれなライダーススタイルを目指していきましょう!